ヒップ用補整下着をつけ始めるタイミングや使用方法・着用方法について

ヒップ用補整下着は、ヒップやお腹、太もものラインが崩れてきた人の悩みやコンプレックスを解消するとともに、ヒップが小さいとか大きい、垂れているなどの悩みも解消することができる優秀な下着です。

ここでは、ヒップ用補整下着を始めるタイミング使用方法着用方法について、ご紹介します。

ヒップ用補整下着はどのタイミングで始めるのがベスト?

ヒップ用補整下着をつけ始めるタイミングは特に決まったタイミングがあるわけではないので、思い立ったタイミングでスタートするのが良いでしょう。

体型の崩れは、放置しても自然に良くなることはなく、どんどん崩れがひどくなってしまうだけです。

補整下着を使い始めるタイミングは、早ければ早い方が良いといえるのではないでしょうか。

ヒップが小さいとか大きいという悩みは、効果を実感しやすいのですが、加齢による老化現象でお尻が垂れている人の場合には、かなり垂れてしまってから補整下着でヒップラインを矯正するよりも、垂れ始めてきたかなというタイミングの方が、大きな効果を短期間で実感できるでしょう。

また、まだ垂れていない人が予防のために補整下着を使い始めるというタイミングなら、年齢を重ねてもヒップは若い時と同じ状態を維持できそうですね。

ヒップ用補整下着を始めるNGなタイミングとは?

ヒップ用補整下着を始めるタイミングとしてNGなのは、妊娠中です。

補整下着をつけることがNGというわけではありませんが、どんな着用方法でもヒップ用補整下着はお尻だけではなくお腹も締め付け感があるので、妊娠中はNGとなっているものがほとんどです。

妊娠中にヒップが大きくなってしまい、それが気になるから補整下着を付けたいという人は、産後の体型が崩れやすいタイミングで補整下着をただしい着用方法で使い始めるのがおすすめです。

また、産後でも帝王切開などヒップ用補整下着の内側に傷がある人の場合には、補整下着で締め付けることは傷口を刺激することになってしまいます。

傷口が完治して締め付けても、赤くなったり痛くならなくなるまで待った方が良いでしょう。

ヒップ用補整下着の使用方法や着用方法の注意点

ヒップ用補整下着を選ぶ時には、きつ過ぎたり緩すぎるサイズ感のものは避けて、できるだけ自分の体型やサイズにピッタリの補整下着を選びましょう。

最初に採寸をした上で、お腹の周りや太ももの辺りのサイズ感がフィットするものを試着しましょう。

試着せずにピッタリのものを選ぶことは難しいので、何着も試着をした上でフィットするものを選ぶという選び方が良いでしょう。

使用方法ですが、ヒップ用補整下着は肌に直接触れるものなので、直接自分の下着を脱いでの使用方法はNGです。

試着室の中では、自分の下着はつけた状態でヒップ用補整下着を上から着るという使用方法が良いですね。

ただし、できるだけゴワゴワしない状態でフィット感を確かめるためには、自分自身の下着は薄めの素材のものを履いておいた方が安心です。

正しい使用方法で補整下着を選べば、緩すぎずきつすぎず、日常生活の中で履いて快適な補整下着を見つけることができるでしょう。

ヒップ用補整下着で知っておきたい試着と着用のコツ

試着時に、少し動いただけでお肉が元に戻ったり、下着がお肉に食い込んで痛い場合などは、補整下着のデザインが体型に合っていないか、それともサイズ感が合っていないかという理由が考えられます。

試着した時には、ただじっとした状態でサイズ感をチェックする選び方だけではなく、試着室の中で体を少し動かして、ずれが起こらないかについてもチェックして、適切なサイズ感の補整下着を選ぶようにしましょう。

きつすぎて体に食い込んでしまう補整下着はNGですが、緩くて浮いているものも同じくマイナス効果です。

メーカーごとにデザインやサイズ感は微妙に異なるので、いろいろ試着しながらピッタリのものを選びたいですね。