補整下着の一つ着圧ソックスが持つ脚のむくみを解消効果と特徴

補整下着で一番始めやすいのが、手頃な値段で扱いやすいイメージのある着圧ソックスでしょう。

着圧ソックスはデスクワークや立ち仕事をしている人たちの脚のむくみの悩み解決してくれるアイテムです。

補整下着の中で気軽に調達できる着圧ソックスむくみ解消効果について、ご紹介します。

補整下着の一つである着圧ソックスの特徴と驚きの効果

補整下着で一番始めやすいのが、手頃な値段で扱いやすいイメージのある着圧ソックスでしょう。

がむくんでしまう原因は、何らかの原因で脚の血管やリンパから水分が吸収されない状態になってしまい、細胞と細胞の間に水分が溜まってしまうことです。

ストレッチやマッサージを行うことで解消させる効果もあります。

しかし、着圧ソックスを併用することで、脚のむくみ解消に大きな効果をもたらすことができます。

着圧ソックスの効果の特徴は、脚に圧力をかけて、脚に余分な水分が溜まるのを防ぐことです。

一般的な補整下着と違って、ドラッグストアやネットショップで気軽に購入できるというのも、着圧ソックスの特徴だと言えます。

脚用の補整下着の中にはより効果の高い医療用の着圧ソックスも販売されていますが、着用には医師の診察が必要です。

補整下着である着圧ソックスの効果を利用することが向いている職業の人とは

むくみやすい体質の人や、むくみを引きおこしやすい仕事をしている人ほど、補整下着の中でも着圧ソックスの使用をおすすめします。

具体的に挙げると、デスクワークや立ち仕事をしていて、を動かさず、そのままの姿勢でいることが多い職業の人たちです。

デスクワークや立ち仕事の人は、一日中同じ姿勢でいることが多いという特徴があります。

は心臓から一番遠いために静脈が滞りやすく、非常にむくみやすくなります。

仕事の合間に軽くストレッチやマッサージをすることも効果があります。

しかし、補整下着の中でも着圧ソックスを使うことで、さらに脚のむくみ解消の効果が望めます。

補整下着の中でも着圧ソックスの効果を利用した方が良い体質とは

妊婦の場合は妊娠中に血流量が増えますし、また大きくなった子宮の影響で静脈が圧迫されるので、がむくみやすいという特徴があります。

そのため妊婦はむくみだけでなく、血栓ができる確率が一般の人の5倍になりますから、補整下着を使ってむくみ解消の効果を狙う方が多く見られます。

さらにダイエット中の人の場合は、栄養不足になりがちという特徴を持っています。

栄養不足になって血液から水分が出されるため、細胞がその水分を留めようとし、がむくむのです。

最後に静脈瘤を患っている人やそのリスクが高い人の場合も、体質的にがむくみやすいです。

静脈が滞ってコブのように膨れるのですが、見た目ではわからない人もいます。

若い人でも発症する人が多いのが特徴で、にむくみの自覚がある人の6-7人に1人が静脈瘤を患っているという報告もあります。

そのため静脈瘤を患っている人は、ふくらはぎの筋肉を中心に圧迫する補整下着を使う必要があります。

静脈とリンパの流れを促すために、補整下着の中でも医療用着圧ソックスの利用を医師などから促されるのです。

補整下着である着圧ソックスを選ぶ時に注意したいポイントとは

着圧ソックス補整下着ですから、身長や足首周り等サイズを測って、自分に合ったサイズのものを選びましょう。

また、着圧ソックス最大の特徴は足首やふくらはぎ、太ももなどのそれぞれのパーツにうまく圧力がかかるように計算されていることです。

そのため、正しい位置にそれぞれのパーツが来ないと効果が現れません。

着圧ソックスは伸縮性が低いので履きにくいのですが、足先から順に生地を伸ばすように履いていき、それぞれのパーツをきちんと正しい位置に持って行くようにしましょう。

着圧ソックスを履いて、締め付け感が強いとか、痺れを感じるものは使用をすぐに中止しましょう。

また糖尿病などの持病がある人や痺れや痛みを感じることができない人、脚に炎症や血行障害がある人も使用に際しては注意が必要です。

着圧ソックスを選ぶ基準を理解して、早速使ってみよう!

着圧ソックスを選ぶには自分の症状や使うシーンに合わせて、それに見合う特徴効果を持ったものを選ぶ必要があります。

糸の太さは、デニールという単位で表されています。

  • 70デニール:一般的なストッキングで、軽めの血液循環ができます。
  • 70-140 デニール:ストッキングとタイツの中間で、一般的なむくみ改善に使用されています。
  • 140-280デニール:タイツに近く、リンパ浮腫の治療に使われています。

着圧レベルは、mmHg(ミリエイチジー)という単位が使われています。

  • 10mmHg-20mmHg:軽めのむくみ対策が可能です。
  • 20mmHg-30mmHg:むくみが中度からひどい人用のレベルです。
  • 30mmHg-50mmHg:リンパ浮腫など医療用として使用されています。

自分が望むレベルの商品を選んで、脚用補整下着の最大の効果を得たいものですね。