脚用補整下着の選び方はサイズと目的とする効果を明確にしましょう

脚用補整下着選び方は、何を目的にするかと自分のサイズを知ることがポイントです。

自分のサイズに合った補整下着を着用すれば、最大限の効果を得ることができます。

脚用補整下着の効果的な選び方について、ご紹介します。

補整下着の選び方は目的に応じて選んでいくことがポイント

補整下着というとコルセットやウェストニッパー、着圧ソックス等、色々な種類のものがあります。

骨格から引き締めたいと思えばコルセット、締め付け感が少なくボディラインを美しくしたいと思うのであればウェストニッパー、ぽっこりお腹を引っ込めたいのであれば骨盤矯正効果の高いショーツタイプという様に、目的に応じた選び方をすることがポイントです。

目的に応じた選び方をすれば、求める効果を最大限に引き出すことができます。

例えば脚のむくみを解消したいとか、美脚を手に入れたいという人は、脚を引き締める効果が高い着圧ソックスが役に立つでしょう。

着圧ソックスは選び方を気にせず、ドラッグストアやネットショップで気軽に購入できますし、医療用であれば医師の診察の上で購入することができます。

まずは自分の目的とサイズに合わせて選んでみて、選び方に不安があればお店のスタッフに相談してみましょう。

 

体型を元に戻したいママさんや妊婦さんにおすすめの補整下着

出産後、自分のお腹周りのサイズが気になるママさんたちにおすすめなのが骨盤ベルトです。

1日でも早く産前のサイズに戻すために、出産してすぐにウエストニッパーなどの補整下着を使いたいと思うものですが、子宮が回復していない状態で使用すると、内臓下垂や子宮脱などになるリスクが高まりますから止めてください。

どうしても早い段階から補整下着を使用したいのであれば、医師や助産師に相談して、産前から使える骨盤ベルトを使いましょう。

もちろん骨盤ベルトが全てではありませんから、妊婦に適した補整下着の選び方を相談して見ると良いでしょう。

体調が落ち着いてきたら、自分のサイズに合ったウエストニッパー等に切り替えてみてください。

それから妊婦さんは血流量が増えて体内の水分バランスが崩れるので、脚がむくみやすくなります。

そんな妊婦さんにおすすめするのが着圧ソックスです。

但し、着圧ソックスの効果が強すぎて血流を阻害してしまう恐れがあるので、着圧ソックスの使用方法や選び方なども医師や助産師に相談してください。

 

脚用補整下着の選び方のポイントは自分のサイズを知ること

コルセットやウェストニッパーのような補整下着であれば、最大限の効果を引き出すために念入りにサイズを測るでしょう。

例えばコルセットの選び方は自分のウエストよりも2-3cm細いサイズがベストと言われています。

ウェストニッパーの選び方は、ウエスト周りの他、アンダーバストなどのサイズも測る必要があります。

しかし、脚用補整下着の選び方はサイズを気にしない人が多く、気にしたとしても身長くらいしかサイズを測らないという人が多いのではないでしょうか。

着圧ソックスなどの脚用補整下着は、のどの部分に圧力をどれだけかけたら、一番効果が高いかを計算して開発されています。

ですから、着圧ソックスの選び方で大切なのは足首周りなどのサイズを知り、そしてそのサイズに合ったものを選ぶことなのです。

またせっかくサイズを測っても、圧力をかける位置に肝心の体の部位が来なくては効果が全く無くなってしまいます。

サイズをきちんと測ることと、効果が出るように正確に履くことが何より重要です。

 

脚用補整下着は費用対効果で選んで満足感を味わおう!

少し前までは、補整下着というと数十万円から数百万円かけなければ効果がないと思われていました。

しかし、最近では手頃なものだと4,000円台から補整下着を購入することができます。

例えば、タレントのヒロミさんが開発したVアップシェイプリフトは、履くだけで大臀筋とハムストリングを鍛えることができるので、簡単に太もものサイズダウンをする効果がある補整下着です。

Vアップシェイプリフトは骨盤を支える機能やO脚を防止する効果もあって、なんと6,000円台で購入できます。

日本人は前傾姿勢の人が多く、お腹が出てしまったり、お尻が垂れ下がってしまいがちなのですが、この補整下着を使用することでヒップアップと美脚効果を手に入れることができる優れものです。

費用対効果が高い補整下着ですが、サイズをきちんと測って選ぶようにしてください。

 

脚用補整下着をおすすめできない体質の人とは

脚用補整下着はむくみ解消効果やO脚矯正など、優れた効果があるものですが、体質的に使用しない方が良い人もいます。

例えば脚に炎症や血行障害がある人や、痺れや痛みを感じにくい障害がある人の場合は、着圧ソックスを始めとした補整下着の使用は見合わせた方が良いでしょう。

また糖尿病を患っている人も、補整下着の着用には注意が必要です。

しかし、糖尿病の人でも症状が初期段階であれば、のむくみ解消効果を狙って、着圧ソックスなどの補整下着を使用した方が良いという意見もあります。

何か病気を患っている人や体質的に注意した方が良い人の場合は、サイズや選び方なども含めて、補整下着を使用しても良いか、医師に相談するようにしてください。