全身用補整下着ならボディスーツがおススメ!その特徴と効果は?

補整下着ボディスーツには、補整ブラからウエストニッパー、ガードルまで全身の体型を補整できる特徴があります。

気になるボディスーツ特徴やその効果、選び方や注意点について、ご紹介します。

全身メリハリボディにできる最強の補整下着、それがボディスーツ

ボディスーツというのは、分かりやすく言うとワンピース型の水着のような形をしていて、バストやウエスト、お尻や太ももまで気になる部分の体型やボディラインを別人レベルに変えることができる優秀な補整下着です。

本来ボディースーツというと、その特徴はバストとウエストニッパー、そしてショーツまでが一体となった補整下着で、太ももの部分はカバーしていないという点が特徴的だったのですが、近年では補整下着が多様化しているので、バストから太ももまでほぼ全身をサポートしてくれる商品もたくさんラインアップされています。

どんな部分の体型を補整したいのかに合わせて、ピッタリのものを選ぶと良いでしょう。

 

気になるボディスーツの特徴と着心地は?

全身用補整下着として人気のボディスーツは、一つを着るだけで補整ブラ、ウエストニッパー、そしてガードルの役割りをしているので、いくつも着用する手間や面倒がないという特徴があります。

補整下着には補整ブラやウエストニッパー、ガードルなど部分的にサポートできる商品もありますが、全身のボディラインをメリハリボディにしたいなら、いくつも着用してゴワゴワしたりズレてしまうよりも、一着を全身にスッキリと着たほうが、お肉がずれにくくて着やすいという特徴があるため、複数の補整下着をフルセットで購入する人の中には、ボディスーツに変えたことで楽チン効果を得たという人は多いですね。

しかし、ボディスーツは水着のように全身を覆っているという特徴があるため、トイレに行くときにはかなり面倒かもしれません。

補整ブラやウエストニッパー、ガードルなど部位ごとに分かれている補整下着なら、トイレの個室の中で服を脱がなければいけないという面倒な手間はないのですが、全身をカバーしているボディスーツだと、トイレに行くときはかなり面倒です。

外出先でトイレに行くことが多い人や、職場でのトイレの頻度が多い人などは、もしかしたら全身用ボディスーツだと面倒だなと感じるマイナス効果があるかもしれません。

また、着脱するのが難しい服を着ている時にも、ボディスーツでトイレに行くのは大変かもしれません。

 

ボディスーツには全身のボディラインを変える効果がある

補整下着の中でも全身の体型補整ができるボディスーツには、ボディラインを劇的に改善できる特徴効果があります。

補整下着には補整ブラやウエストニッパー、ガードルなどパーツのボディラインを補整する効果を持つ補整下着がありますが、一つだけを使うよりも複数を併用したほうが、全身の体型改善効果は高くなります。

例えば、ガードルを履いて上からはみ出したお肉は、ウエストニッパーで引き締めながらお肉を上に移動させ、補整ブラジャーのカップの中に胸のお肉として定着させるのが、補整下着特徴ですね。

この際、それぞれの補整下着を別々に使っていると、日常生活の動きの中でずれてしまうことがありますし、一つでもサイズ選びが間違ってしまうと、お肉が期待通りに動かずに、効果を実感できないという事態にもなりかねません。

しかし、全身補整下着ボディスーツを着用すれば、補整ブラからガードルまでがカバーできるので、ずれるリスクは低くなるでしょう。

これが、全身ボディスーツの大きな特徴です。

 

知っておきたいボディスーツの選び方と注意点

全身体型補整効果のあるボディスーツを選ぶ際には、サイズ感やフィット感はとても大切です。

緩すぎるとお肉を移動できないので補整効果が低くなってしまいますが、きつすぎると全身の圧迫感が強すぎて一日中苦しい思いをしなければいけないでしょう。

ボディスーツは着ていて苦しいのが特徴と考える人は多く、確かに全身をしっかりと締めながら体型を補正するので苦しいと感じる人は多いのが特徴ですが、きつすぎないボディスーツを選ぶように心がけましょう。

肩の部分に跡がついてしまったり、お尻や太ももなどが食い込むような場合には、そのボディスーツはきつすぎるということなので、サイズをもう一度チェックして、体型に合ったものを選ぶようにしましょう。

また、旅行で長時間の移動をしなければいけない場合などには、ボディスーツの着用は控えることをおすすめします。

特に飛行機に乗る場合などには、全身をメリハリボディ効果をアピールしたいためにボディスーツを着て搭乗する人がいますが、空気圧などの関係でフライト中に苦しくなってしまうケースが多く、かえってマイナスの効果になってしまいやすいものです。

もしも旅先で全身メリハリボディをメイクしたい人は、移動中に補整下着を着るのではなく、バッグに詰めて目的地に着いてから着用したほうが効果的かつ実用的で良いでしょう。

全身を締め付けるという特徴がある補整下着のボディスーツだからこそ、TPOを考えながら体のサイズに合ったものを選ぶのが、長く快適に継続できるコツと言えるのではないでしょうか。