タイミングと使用方法に注意して使いたい脚用補整下着の着用方法とは

脚用補整下着を使うタイミングは仕事で疲れた人、妊婦、出産後の女性、フライト前の人など、体質や職種によって、異なってきます。

タイミング着用方法に気をつけて着けることで、脚用補整下着の効果を引き出すことができます。

脚用補整下着の着用タイミング着用方法使用方法について、ご紹介します。

脚用補整下着はいつから使ったら良いのか?

脚用補整下着は使用方法を守って使えば、驚くほどむくみ解消効果を実感することができます。

いつから着用したら良いかというと、その人の職種や体質によってタイミングは異なってきます。

例えば、仕事で脚のむくみがひどいと感じる人であれば、出勤前に昼用の着圧ソックスを着用するのが良いタイミングでしょう。

昼用の脚用補整下着として着圧ストッキングがあるので、そちらを使えばオフィスで使用しても目立たないですし、動きやすいのでおすすめです。

妊娠中や出産直後の女性も脚のむくみがひどい場合が多いので、妊娠をしたら着圧ソックスなどの脚用補整下着を購入するタイミングとなります。

妊娠中から着用する人もいれば、産後も全然むくみが出ない人もおり、タイミングは人それぞれです。

妊婦の場合は運動不足や血流量の増加で、脚用補整下着を着用をおすすめしますが、お腹が大きいので着けるのが難しいでしょう。

着用方法を医師や助産師に相談して、安全に着用してください。

 

 

もう面倒とは思わない!脚用補整下着の着用方法

補整下着の着用方法は面倒ですが、注意して着けることで効果が最大になりますので、気をつけて着用してください。

脚用補整下着の代表である着圧ソックスの簡単な着用方法は、つま先が開いているものもソックスタイプも、かかと部分を持って大きく開くのがポイントです。

着圧ソックスを裏返して、履き口を大きく開けたら、つま先、足の甲、かかとと順番にを入れていきます。

足首の部分まで入れたら、あとは圧力がかかるポイントを意識しながら、ゆっくり膝まで広げていきましょう。

着圧ソックスは伸びにくいので着用方法に戸惑うかもしれませんが、慣れると簡単です。

シワやよれがあれば、つま先部分を引っ張ったりして、うまく伸ばしてください。

ガードルタイプの補整下着の着用方法は、ガードルに手を入れて、お尻の肉を正しい位置に持ってくるようにするのが基本です。

着用方法を守ればハムストリングが鍛えられますので、正しく圧力がかかるよう注意して着けましょう。

着用方法が分からなければ、お店のスタッフに尋ねてみてください。

 

絶対にやってはいけない!脚用補整下着の使用方法

着圧ソックスを始めとした脚用補整下着は、使用方法を誤ると血行不良などの体調不良を招きます。

ありがちな誤った使用方法というと、例えば昼用のものを就寝中に使うということがあります。

使用方法の注意書きをご覧になるとお分かりになると思いますが、昼用と夜用では圧力が違いますので大変危険です。

シーンやタイミングに合わせた使用方法を守ってください。

その他にもサイズが合っていないとか、着用方法がうまくいかなくて脚に圧力がうまくかかっておらず、効果が出ないということもあります。

逆に効果をあまり感じないという理由で、着圧ソックスを重ね着しているという人もいます。

このような使用方法では効果がないどころか、体調を崩してしまいますので、絶対に使用方法は守ってください。

 

使用方法に注意した方が良い体質の人とはどんな人?

糖尿病など持病がある人は、使用方法タイミングに気をつけた方が良いと言われています。

しかし一方で、糖尿病患者は初期の段階であれば、使用方法タイミングに注意すればむくみ解消効果が高いので、使用を勧められることもあります。

体質や症状によって、脚用補整下着の効果が出るか出ないかは変わってきますので、自己判断で使用するのは避けましょう。

必ず使用方法タイミングは医師に相談してください。

脚用補整下着は、着用方法に注意しながら使用することでむくみ解消効果が得られますが、運動やマッサージなど、自分で出来るむくみ解消方法を併用すると、相乗効果を得られるのでおすすめです。

特にのむくみには食事内容が影響していることがあるので、こまめな水分補給やカリウムの摂取などにも気をつけながら、むくみのない美脚を手に入れましょう。